アフターピルで妊娠回避

アフターピルってどんなもの?

アフターピルとは、避妊しない性交の後に妊娠することを防ぐために飲むものです。基本的に医薬品となっていますが、一般的な薬局などでは販売されておらず、基本的に産婦人科・婦人科・女性系の科を受診することで処方されます。このような処方の場合、健康保険は適用されませんが、健康保険証が必要となる場合も多いので、持って行ったほうがいいかもしれません。また、どの病院でも処方されるとは限りませんから、そのことはしっかり把握しておきましょう。効果があるのは性交後72時間の間ですが、早ければ早いほど良いとされ、特に効果が高いとされるのが24時間以内です。できれば翌日に受診することが望ましく、服用は早めのほうがいいでしょう。処方されたあとに飲むことなどはタイミングを医師の指導のもとで行いましょう。間違うと、その効果が減ることもあります。最悪妊娠してしまうこともあるでしょう。副作用としては体調不良、下痢・嘔吐などがあります。嘔吐した場合は再度服用することもあり、できれば服用してしばらくはあまり無理をしないようにしましょう。ちなみにアフターピルで避妊ができる理由ですが、アフターピルには多くの女性ホルモンが含まれています。強引にホルモンバランスを崩し、一時的に妊娠しているのと同様の状態にすることで、受精卵を着床させにくくし、避妊できる確率を上げるのです。ただし、アフターピルで避妊が必ずできるとは限らず、子宮外妊娠やタイミング、あるいは嘔吐によってアフターピルが体外に出てしまった場合などは効果が出にくくなります。嘔吐や下痢などが起こらないようにすることや、嘔吐や下痢が起きたら医師に相談すること、処方された薬はしっかり服用することなどもキチンと守っておきましょう。

アフターピルの服用方法と注意点

アフターピルは女性の強い味方です。性行為のときに避妊に失敗した場合は、女性はひどく落ち込むものです。そんなときに女性の強い味方になってくれるのが、アフターピルです。男性のことを信頼していてもコンドームが破れたり、体外に出すのに失敗したりするものです。望まない妊娠ほど女性にとって悲しいものはありません。アフターピルがあれば女性も男性と同じように自由に性行為ができるようになります。アフターピルは医薬品だと勘違いされがちですが、女性用ホルモン剤です。医薬品ではないので保険適用外で少々高めの印象がありますが、ネット上の通販サイトで見れば、3000円~15000円ぐらいで購入可能です。ネット上の通販会社は主に海外から個人輸入代行で販売しています。アフターピルは性行為のあとに服用することで女性ホルモンを急速に増強させ、子宮口に入り込んだ精子が着床する前に子宮外に強制的に排出させます。具体的には、生理周期に関係なく、強制的に生理を起こすことになります。少し不安に思う女性もいると思いますが、女性ホルモンを増強させることにより、かえって生理周期は安定し、肌の若返り効果も期待できます。女性は自分の身は自分で守る必要があります。男性のことを信頼していても、いざという時は自分の身は自分で守るしかありません。アフターピルがあれば女性も妊娠のリスクがなく、男性と同じように自由に性行為を楽しむことが可能になります。性行為後72時間以内に服用すればかなりの確率で避妊が期待できます。カードケースに入っているものもありますので、いろいろ調べてから購入するのをおすすめします。女性は自分で自分を守るしかありません。まずは、ネットで調べてみましょう。

アフターピルは通販で購入可能?

避妊のために使用するピルは性行為の前に服用するものですが、性行為の後に服用できるタイプもあります。それがアフターピルと呼ばれるものです。やむを得ず避妊ができなかったときは、望まない妊娠をしてしまう前にアフターピルを利用するといいでしょう。アフターピルはインターネット通販でも手軽に購入できるので、いざというときのために手元に用意しておくと安心です。インターネット通販ならドラッグストアなどで購入するときと違って、誰の目にも触れることなく注文できるというメリットがあります。もちろん自宅に配達されてくるときに梱包の上にアフターピルと書かれているわけではありません。中身を開封するまでは何の商品が入っているか分かりませんから、家族に知られないように入手することも可能でしょう。インターネット通販を利用した場合は、通常よりも割引されたお得な値段で購入できることも珍しくありません。特にまとめ買いするときは割引率も高くなり値段が大幅に安くなる場合があるので、友人同士で一緒に購入するのもいいでしょう。アフターピルを初めて服用する際は、正しい用法用量や注意事項をしっかり確認しておく必要があります。商品によって用法用量が違ってくることがありますが、基本的には性行為を行った後72時間以内に服用しなければなりません。1回に服用するのは2錠でいいですが、一定の時間をおいて2回目も服用しなければならないアフターピルもあります。72時間ということは日数にすると3日になりますが、この間にインターネットで注文して自宅に届くのを待つとなると、かなり慌ててしまうでしょう。住んでいる地域によっては3日以内に商品が届かない可能性もあるので事前に用意しておきましょう。
■アフターピル(モーニングアフターピル)について詳しくご存知ですか?
モーニングアフターピルって何?
■アフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品です
ノルレボ ジェネリック