アフターピルで妊娠回避

オンライン通販などアフターピルの不正入手に注意

アフターピルは性行為中にコンドームが破れてしまった場合などで、緊急避妊用に使える薬です。保険適用外ですので、費用の全額を負担する必要はありますが、1回服用するだけで高い効果が得られるほど強力な作用を持っていますので、少しでも不安に感じたなら、積極的に利用したい薬です。
費用は診察代を含めて1万円前後します。保険適用外とあり、費用の差が医療機関によって大きく異なるのが特徴です。婦人科や産婦人科で処方してくれます。その他の病院でも処方してくれる例があるものの、全ての病院でアフターピルを用意しているとは限りませんので、まずは電話で問い合わせるようにします。
アフターピルに関して日本の法律では、必ず医師の資格を持つものが処方する決まりになっています。それ以外の人物から不正に受け取るのは避けるようにします。
また、一般的なオンライン通販におけるアフターピルの販売も、不正行為になりますので、日本国内の通信販売サイトでは販売されていません。
しかし、オンライン通販でアフターピルを購入できる手段は存在します。個人輸入代行業者のサイトを利用することで、医師の処方が必要な薬を一般の人が購入できるようになっています。この方法自体は違法行為にはなりませんので、個人輸入代行業者からアフターピルを購入しても、警察に捕まったりはしません。
ですが、海外からの輸入品になりますので、その薬が本物であるかを見極めるのは困難です。購入したとしても、有効な成分が配合されていなかったり、身体に害を及ぼす成分が配合されている危険もあります。また、不衛生な環境で製造されている心配もないとはいいきれませんので、オンライン通販でアフターピルの購入は控えるのが安全です。