アフターピルで妊娠回避

初めてアフターピルを服用する時は血栓などに注意

避妊に失敗した時に服用する緊急避妊薬をアフターピルと言います。服用することで女性ホルモンのバランスを大きく変化させ、妊娠する確率を低下させる働きがあります。アフターピルは中用量ピルが利用されますが、通常の避妊用として服用しているピルよりも配合されている女性ホルモンの量が多いため、副作用が出やすくなる傾向があります。初めて服用するときには心配になってしまいますが、どんな副作用が起こる可能性があるのかを知っておけば、冷静に対処ができます。
アフターピルの副作用として報告が多いのは、頭痛や腹痛、吐き気、嘔吐、むくみと言った症状です。吐き気は症状を訴える人も多いため、アフターピルの処方と一緒に酔い止めを処方されることもあります。処方されなかった場合でも、自分の手持ちの酔い止めなどを利用しても構わないと言われています。嘔吐してしまった場合には注意が必要です。アフターピルは体内に女性ホルモンが吸収されて血液中の濃度が上がらなければ意味がありませんが、嘔吐してしまった場合はタイミングによっては女性ホルモンが体内に吸収されていないことがあり、アフターピルを服用した意味がなくなってしまうことがあります。その場合には処方してもらった病院にすぐ相談するようにしましょう。
そして一番大きな副作用と言われているのが血栓です。アフターピルには血液が凝固しやすくなる性質があるため、もともと水分の摂取量が少なかったり、喫煙をしている人は血栓が出来てしまう可能性があります。血栓が心臓の血管に詰まってしまえば心筋梗塞を起こしてしまったり、足などの血管に詰まって血栓症を起こしてしまう可能性もあるため、なんだか体調がおかしいと感じたら、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。