アフターピルで妊娠回避

避妊薬として確立しているアフターピルとタンポン

アフターピルは、性行為で避妊に失敗した場合に使用する、緊急用の避妊薬です。
日常的に服用することで避妊効果を得られる低用量ピルとは違い、アフターピルは中用量ピルを使用しているため、緊急的に避妊効果を得ることができるのが特徴です。
妊娠を回避できたかどうかの判断は、生理の有無でわかります。早い人では、服用後数日で出血があり、通常でも服用後3週間以内に出血があります。この出血があれば避妊に成功したことになります。
もし3週間を過ぎても出血が起こらなかったり、月経の予定日を過ぎても生理がこない場合には、妊娠している可能性があるので、市販の検査薬などを使用して妊娠の有無を確認する必要があります。

アフターピルは、女性ホルモンを含む薬であるため、多量に摂取すると副作用を起こすことがあります。特に中用量と多く女性ホルモンを含んでいるため、吐き気や頭痛、眠気などさまざまな副作用が起こることもあるので、服用する際には十分に注意が必要です。
また服用してから早い人では3日ほどで出血がみられ緊急避妊に成功したことになりますが、あくまでも緊急的な処置として使用するものですから、普段の避妊には低用量ピルを使用するようにし、アフターピルを日常的に使用することのないようにしましょう。

海外では避妊薬として確立しているピルですが、日本ではまだ避妊薬として使用している人は少なく、子宮内膜症や月経困難症などの治療薬として使用されることが多く、出血が多いためタンポンを使用している人には、低用量ピルを服用することで、経血量が減り生理周期も安定させることもできるので、月経困難症には効果的な薬といえます。ただ低用量ピルは、正しく服用すればほぼ100パーセントの確率で避妊することができるので、一度試してみるのもよいかもしれません。